「治療院と政治」 一覧

鍼灸師が「意味もなく」失ったもの 〜先人を裏切った意味

行政制度の中での「鍼灸師」について、いつも書いています。 というか、そう書いてるつもりです(笑) 今回は鍼灸業界が失った2つのものについて書いてみます。 「施術継続理由・状態記入書」の新設 初療の日か ...

あはき柔と政治は密接なんです①

2017/09/19   -治療院と政治

やっぱり、政治はあはき柔にとってとっても大切。 でも、とっても大切なのに「政治に興味が無い」とか「政治なんて良く分からない」って治療家さんがごまんといます。 全てが政治で決まるのに、政治に興味が無いっ ...

鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師と選挙〜次の選挙に向けての現状分析

2017/08/22   -治療院と政治

鍼灸師・マッサージ師・柔道整復師が政治に興味を持たないといけない理由は様々あります。 というか「国家資格を持っている人たち」こそ、政治を疎かにしてはいけないんですよ? が、鍼灸師・マッサージ師・柔道整 ...

さあ、そろそろ行動しようか^^ 〜政治に興味を持ちましょう

2017/08/21   -治療院と政治

とりあえず行動することはいいことです。 やらないよりはよっぽどいい。 仕事をしている地域で、国レベルではなく市町村レベルの鍼灸・柔道整復の施策が中止になったことはないですか? 市町村単独、または県が行 ...

”請願”という「鍼灸師の守り方」〜一人一人が国を動かせる

2017/08/19   -治療院と政治

※過去、Facebookに投稿した記事をまとめました。 請願一覧を見ていると面白いw http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_seigan.nsf/html/se ...

政策実行能力、国会議員と民間ではどれくらい違うのか?〜ギョーカイの憂鬱

2017/08/03   -治療院と政治

「国家資格者は政治に関わるべきだ」 これはずっと主張してきたことです。 今の業界の構図は 鍼灸師・柔道整復師 ↓ ①委任 社団 ↓ ②委任・選挙応援 業界代表でない国会議員 ↓ ③政策の実行 行政への ...

覚悟を決められるか?~判例変更への道

2017/07/29   -治療院と政治

無資格者問題を裁判所が後押しするという面白い判例があり。 有名な判例ですね。 最高裁判所判例 昭和35年1月27日 昭和29(あ)2990、あん摩師、はり師、きゆう師及び柔道整復師法違反事件です。 判 ...

はり師きゅう師が制度の元で生き残る道

2017/07/29   -治療院と政治

行政において、医療保険や介護保険の削減策を模索されているのであれば提案が必要。 となると、鍼灸師・マッサージ師の活用と介護保険・医療保険の削減を目的に ・訪問施術においての同意書の簡略化 (各市町村で ...

「はりきゅうの保険(療養費)は医師の同意書が無いと使えない」の一考察

2017/07/29   -治療院と政治

はりきゅう(以下、鍼灸)の保険を使う場合は医師の同意書が必要です。 これが成り立つ為には ①同意書が必要な根拠 ②医師の円滑な同意書発行を担保 の2点が最低限重要なことだと考えてます。 ①同意書が必要 ...

柔道整復師の悲哀〜さまよえる制度編

2017/07/29   -治療院と政治

悲しい運命を背負う柔道整復師(笑) 身分法としての法律はあるが、実施法がないんじゃないか?(笑) 身分法の制定で止まってしまったのは、残念というか中途半端なまま。 医師法であれば、医療法や健康保険法な ...

Copyright© ほうぼくのブログ , 2019 All Rights Reserved.