ブログランキングに参加してみました!^^

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営の基礎知識へ
にほんブログ村

お金

格安スマホの速度を比較してみたでござる♪の一考察

更新日:

docomoやau、SoftBankから「格安スマホ」と言われる会社へ乗り換える人が増えているようです。

だってdocomoで8000円/月払っているのと同じくらいデータを使えて月2500円前後で使えるならそっちですよね、普通は。

キャリアメール(@docomo.ne.jpとか@ezweb.ne.jpとか)が使えないとか、LINEの年齢認証ができないとか些細な問題はありますが。

個人的にもスマホ代が財布を圧迫しているのであれば、格安スマホでじゅうぶんだと思っていますし、オススメしています。

docomoやau、SoftBankは「キャリア」と呼ばれています。

通信会社の種別で言うと”MNO”という部類に入ります。
(MNO・・・mobile network operator)

MNOは自前で通信設備を持っていて、回線を引きアンテナを立てて電波を発射しているものをいいます。

対して格安スマホと呼ばれる会社は”MVNO”と言う部類に入り、自前で通信設備を持っていません。
(MVNO・・・Mobile Virtual Network Operator)

MNOと呼ばれるdocomoやau、SoftBankから回線を借りて運営している為、保守費用などがかからず安く通信を提供することができます。

※MVNE(Mobile Virtual Network Enabler)と呼ばれる仮想移動体サービス提供者がありますが、ここではややこしいので触れません。

格安スマホはキャリアと比べて通信速度が遅い

さすがにキャリアの通信速度は速いです。

しかし、月に8000円前後の料金を払って30〜40Mbpsオーバーの通信速度が必要な一般人ってそんなにいないと思うんですよ。

株取引をしていたり、FXでスキャルピングをしている人は通信速度が遅いと損失が出るような事態になりますが。

そんな人って普通にキャリアを「高いと思わずに活用」しています。

キャリアの通信速度が速いのは、自前の通信設備を持っているので当たり前といえば当たり前ですが。

しかし、キャリア自身の通信速度を犠牲にしてまで格安スマホに電波を貸す訳はありません。

どういうことか?というのをイメージでいうと

  1. docomo
  2. NTT系の格安スマホ会社(OCNやNTTモバイルONEなど)
  3. その他の格安スマホ会社

やっぱり同じグループの方を優遇してもおかしい話では無いですよね?(苦笑)

下に行くほど、だんだん「美味しい電波」でない電波帯域を貸し出してもおかしくはないですね。

でも、最近は格安スマホ会社が入り乱れておりまして(苦笑)

NTT系の格安スマホ会社でも、少し無理をして回線に負担をかけてでもユーザーを獲得しないといけません。

通信速度を3Mbpsに制限しながらデータ使い放題を提供していたNTT系の格安スマホ「ぷららモバイルLTE」が11月でサービスを停止します。

【重要「ぷららモバイルLTE」サービス終了のお知らせ

使い放題では回線の負担をどうしようもなくなってしまったんでしょうか。。。

なので、NTT系とその他の会社とでもそれほど通信速度に差が無い場合もあります。

格安スマホの速度が遅くなってきている

実感として、最近格安スマホの通信速度が下がって来ています。

それでも、動画を見るにはじゅうぶんな速度は提供していますが。

通常、1〜3Mbpあれば快適だと言われています。

問題は「体感速度」です。

速度はじゅうぶん出ているのに、ページがなかなか開かないということが起こります。

格安スマホでとんでもない速度が出ている会社があった!

全体的に格安スマホの速度が下がっている中、とんでもない通信速度を出している会社がクローズアップされるようになっていました!

それが「UQ Mobile」というauの回線を借りている会社です。

格安スマホ会社のほとんどがdocomoの回線を借りているんですが、数少ないau系の格安スマホ会社です。

公衆無線LAN+格安スマホ3社を比較してみました!

僕が契約しているのは株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する「Wi2」というサービスです。

街中やお店でこんなステッカーを見たことありません???

比較的、安定しているのでこのサービスを契約しています。

格安スマホで比較したのは

○DMM Mobile

出典https://plus1world.com/

○FREETEL(フリーテル)

出典http://sim-rock.com/

そして、

○UQ Mobile

最近は深田恭子さんが出ている「ゆーきゅっ!」ってCMを派手にやってますね。

出典https://www.rbbtoday.com/

Wi2 vs DMM Mobile vs UQ Mobole vs FREETEL

さて、測定環境ですが場所は奈良市中心部にある地下のカフェで公衆無線LANが使える環境です。

Wi2でテザリングをした場合

DMM Mobileでテザリングをした場合

FREETELでテザリングをした場合

UQ Mobileでテザリングをした場合

テザリングをすると、スマホ本体で測定するよりかなり遅くなるんですがUQ Mobileがなかなかの速度です。

Wi2は公衆無線LANなので、安定してつながればこれくらいの速度は安定して出ます。

それでもUQ MobileはWi2と同じくらいの速度が出てます(汗)

スマホ単体・DMM Mobileで速度測定

スマホ単体・UQ Mobileで速度測定

 

とんでもない数字が(笑)

UQ Mobileの注意点と無料レンタルについて

UQ Mobileは料金プランが変です(笑)

無理やり無料通話のプランがもれなくついて来ますw

契約期間が長いほど、罰ゲームのような改悪が続きますwwwww

プランSだと。。。。

  1. 契約当初 1980円・データ2G
  2. 14ヶ月以降 2980円・データ2G
  3. 26ヶ月以降 2980円・データ1G

ある意味すごい設定です(苦笑)

この金額でオッケーな人、もしくはDSDSの機種を持っていてデータSIMとしてUQ Mobileを使うくらいしか強くオススメできません。。。。。

プランS・M・Lを推しまくってますが、こそっと電話がもれなくついてこないプランもあります。

ただ、高速プランはデータ3Gコースのみ。

無制限プランは通信速度が500kbpsになります。

正直、何がしたいのかφ(≧▽≦)ぶわっはっは!!

でも、UQ Mobileは他の格安スマホでは実施していない「無料レンタル」をやっています(驚)

↑画像から無料レンタルの公式ページへ移動します

速度からいえば、今はUQ Mobileですがそれぞれの格安スマホ会社でもメリット・デメリットがあります。

思いついた時にまとめて見たいと思います。

とりあえず、あと10日間はUQ Mobileを日常の生活範囲で使って比較してみたいと思います^^

ブログランキングに参加してみました!^^

ポチッとお願いします!
にほんブログ村 経営ブログ 経営の基礎知識へ
にほんブログ村

-お金

Copyright© ほうぼくのブログ , 2019 All Rights Reserved.